FANDOM



コチャッピーはピクミンシリーズ に登場する原生生物のうちの1種。

小柄なチャッピーの様な見た目をしているが、イヌムシ科ではなく、パンモドキ科の一種。

背中に1匹のピクミンを投げ当てるか、群れで奇襲することによって簡単に倒すことができる。(紫ピクミンを投げた場合は、張り付く間に倒れる。)

『2』で他にもコチャッピー系統が登場したためアカコチャッピーと呼ばれたが、『3』以降の作品では再びコチャッピーの名で呼ばれている。

作品別の特徴編集

ピクミン
今作のみの特性として、危険を感じた際には鳴き声をあげてチャッピーを起こしていた。
ピクミン2
混沌の魔窟のB8では、2体のタマコキンと共に、50体ほどのアカコチャッピーが登場する。生物図鑑ではゲキニガスプレーで石化した際にピクピクニンジンを投げると、石を破り、通常よりも早いスピードで食べに走り回る。

他言語での名称 編集

言語名前意味・由来
英語 Dwarf Red Bulborb
ドワーフ レッド バルボーブ
Dwarf = 小人 + Red = 赤い + Bulb = 球根 + orb = 球、眼球