FANDOM


Bulborb ネタバレ注意!! この記事は作品の核心部分に関する要素が含まれている可能性があります。お読みになる方はご注意ください。


ピクミンの星ピクミンシリーズに登場する惑星の一つ。『1』『2』ではその名前はなく、『3』にて星を発見したコッパイ星からは「PNF-404」[1]と命名された。『大乱闘スマッシュブラザーズX』では希望の森あるいはめざめの森をモチーフにしたと思われるステージが登場し、「とある星」という名前である。 ピクミンをはじめとする様々な生態系が天然に生息しており、非常に緑豊かな星である。

ピクミン
休暇をとったオリマーがドルフィン号に乗って宇宙を飛行していたところ、小惑星に衝突して未開の星に不時着する。大気には大量に酸素が含まれて、ホコタテ星人にとっては有毒である。そのため、オリマーは生命維持装置が起動する30日間の間に星を脱出しなければならない。
ピクミン2
オリマーは部下のルーイを連れて再び星を訪れることになる。自身の勤めるホコタテ運送を破産から救うため、ピクミンの星に散らばるお宝を収集することになる。
ピクミン3
コッパイ星は資源の豊富な星を調査したところでこの星を発見し、"PNF-404"と名付ける。
Hey! ピクミン

生態系 編集

ピクミンについては「ピクミン (キャラクター)」を参照
原生生物については「原生生物」を参照

地理 編集

明確に明かされてはいないものの、この星の地理や文化は地球に酷似している。なぜ人間の生命形態が存在しないのかという説明はゲーム全体にわたって暗示されている。2作目に登場するエリアは1作目のそれと似通っており、そこには人間が存在していた頃の社会の残骸であろう新たな形跡が存在する。

星が本当に我々の地球が舞台なのか、それとも別の星なのか、宮本をはじめとするスタッフが明言したことは一度もないものの、どちらにしても偶然似通ったにしては疑わしい。缶詰をはじめとする現代の産業物や建築物の多くは1作目の地形に散見し[2]、2作目で登場するお宝のほとんどは現代の産業物や地球の自然物であり、実在する企業のトレードマークが施されているものも多い。

1作目では段ボール箱がエリアの至る所に散らばり、当時人がそこに住んでいたであろうことを暗示している。[3]その上、現代で我々の知るのとは異なる生物が数多く存在する。恐らくこれは人が死に絶え、新たに他の多くの生物が生存する新しい時代であると思われる。ピクミンの星が地球とされる他の理由としては、1作目にてオリマーが言及している通りで、星の大気の大部分に酸素が含まれており (それは人やその他の多くの地球上の生物が呼吸に必要とする空気の構成要素) 、ホコタテ星人にとって酸素は極めて有毒である。

2作目のオリマーが星に着陸する時/星を去る時の映像で、星の地形にアフリカ大陸らしきものがあることがわかる。地理のほとんどは地球にそっくりで、ドルフィン初号機もスフィアマップを発見した際にそれが宇宙から見た星の地形をあらわしたものであることを述べている。スフィアマップとジオグラフィックシステムの2つは、あきらかに地球とその国々を示した地球儀を半球ずつにしたものである。

3作目の様相は過去2作に比べかなり変化しており、2作目から3作目の間に大陸移動が起きたと考えられる。GPADのマップアイコンを見る限りでは、将来の超大陸の科学的仮説[4]に非常に基づいており、ゲーム内で登場する始まりの森などが位置する島は、この仮説での南極とオーストラリアがドッキングしたものだと思われる。初期の作品よりもより一層、登場するエリアのほとんどは産業物の残骸よりもむしろ自然の要素で構成されており、人々が去った証拠は少量な上、ほとんどが状態が劣化するかさびているかである。登場する果実は全て実在する果実が元であるが、その多くは成長ができない場所か成長しない他の果実の近くで発見する。

余談 編集

  • 奇妙なことにガイガーカウンターは絶えず動いており、星には高濃度の放射線が発生していることが暗示されている。
  • 1作目のオリマーの日誌では「地上から見上げる空に、ぽっかり浮かぶ白い月」と言及されており、『3』冒頭で確認することができる。
  • オリマーが星に不時着する原因となった衝突した小惑星はこの星の軌道に位置すると思われ、2作目の星の周りにまだ確認できる。

脚注 編集

  1. "PNF-404"はインターネット上のエラーコードからきており、"Page Not Found 404"の略。
  2. 例えば大水源まどいの水源に登場する風呂など
  3. しかし比率が説明書でのオリマーの身長に対して少し不適当であり、ごく一般的な段ボール箱のサイズ感に比べると小さい。
  4. パンゲア・ウルティマ大陸の説