FANDOM


ピクミンシリーズ > ピクミン
Hey この記事にはシリーズ第1作目の『ピクミン』について書かれています。

ピクミン (Pikmin) は2001年10月26日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフトで、ピクミンシリーズの第1作目。2008年12月25日には『Wiiであそぶ ピクミン』としてWiiに移植された。

概要 編集

プレイヤーはキャプテン・オリマーとしてピクミンを率いて行動する。生命維持装置のもつ30日以内で散らばったドルフィン号パーツ30個を集めなければならない。しかし一部回収しなくても星を脱出できるパーツがあり、回収度合いによってエンディングが3種にわかれる。

ストーリー 編集

ホコタテ運送会社の社員・オリマーは真面目な社員であった。最近ずっと働き詰めであった為、社長から有給休暇をもらい一人旅にでることにした。だが旅の最中、彼に最悪の事態が襲った。彼の乗っていたドルフィン号が流星と衝突、オリマーはドルフィン号と共にある惑星に落下してしまう。気を失っていたオリマーが目を覚ますとドルフィン号は無惨は姿になっていた。さらに墜落した惑星は猛毒の大気がが含まれており、持っていた生命維持装置を装着しても30日しかもたないことがわかった。オリマーは早速ドルフィン号を修理するために部品を集めるため惑星を歩き回る。そのとき、オリマーは不思議な生物に出会う。オリマーが行くところどこでもついてくる不思議な生物にピクミンと名付け彼らの力を借りて、惑星からの脱出を決意する。

キャラクター 編集

プレイヤー編集

ピクミン編集

原生生物 編集

エリア 編集

アイテム 編集

チャレンジモード 編集

1日でどれだけピクミンを増やせるか競うサブゲーム。本編がある程度進行すると遊べるようになる。ステージは本編で登場した5つのエリアだが、ドルフィン号および宇宙船パーツがない (そのためオリマーの体力回復もできない)、生物の配置などの違いがみられる。

CMソング 編集

TVコマーシャルで用いられていた『愛のうた』はCM中のピクミンが食べられるCGやさながらサラリーマンの悲哀を歌ったような歌詞もあり、絶大な人気を博した。CDの売り上げは90万枚にも達し、勿論ゲームソフト自体の宣伝・売上に大きく貢献したが、これは皮肉にも『ピクミン』国内売上50万本を大きく上回ることとなった。(CDとゲームソフトの値段そのものの違いや、シビアなゲーム内容なども考えられる)

動画 編集

画像編集

リンク編集