FANDOM


Hey この記事にはAIアクションゲームシリーズとしての『ピクミン』について書かれています。
ピクミンは任天堂より発売・展開されているアクションゲームシリーズ。第1作『ピクミン』を発端とする。

概要 編集

緑豊かな未開の星が舞台。プレイヤーは星に住む不思議な生き物・ピクミンと出会い、ピクミンの群れに指示をしながら時に危険な生物と戦い、時にその死骸やお宝、果実等を運び収集していくAIアクションゲームである。ピクミンは1匹ずつではか弱いが、群れのリーダーとなる者がいることでその力を発揮する。それはちょうどアリのごとく、どんなに大きなものも運搬し、自身より強大な敵にも立ち向かい撃退する。ピクミンは様々な種類がおり、その個性を活かす地形や敵が登場する。さながら現実の自然界のような弱肉強食色濃い世界観や、自然学・生物学的観点からの解説・考察を楽しめるのも醍醐味である。

基本的に1日1日の時間の流れがあり、それが制限時間となる。画面上部には時計の役割をなす「太陽メーター」が常に表示されている。日没までの間何をして過ごすかはプレイヤー次第。日々の積み重ねがその次の日以降の探索にも左右する。運搬や敵との戦闘、ピクミンの増やし方にいたるまで、あらゆる場で"段取り力が試される"ゲームである。シビアなゲーム性が特徴的である一方、第1作の時点から非常に完成された3DCGグラフィックをもちあわせており、木漏れ日や水面など自然の巧みな表現にも注目させる。CG技術の進歩と比例して、作品を追うごとに写実さ・美麗さが増している。

公式メディアやパッケージでのジャンルはAIアクションとされているが、そのほかにもリアルタイムストラテジーやシュミレーション、ミニスケープ的要素を多分に含んでいる。

キャラクター 編集

ピクミン編集

キャラクターのピクミンについては「ピクミン 」を参照

プレイヤーキャラクター編集

ピクミンシリーズのプレイヤーキャラクターについては各項目を参照

原生生物編集

ピクミンシリーズに登場する全ての原生生物については「原生生物」を参照。

その他のキャラクター編集

ゲーム編集

ナンバリングタイトルのパッケージジャケットは、中心部に正面を向いたピクミンを据えることが恒例になっている。

発売順
未定
  • ピクミン4 (仮称) - 公式に任天堂からの発表はないものの、任天堂スタッフがメディアのインタビューに対して数度回答している。
試作品

アニメ編集

「ピクミン ショートムービー」の題で第27回東京国際映画祭で特別上映された後、3DSとWii Uでダウンロードソフトとして配信された初のアニメーション作品。

詳しくは「ピクミン ショートムービー 」を参照

関連項目 編集

脚注 編集