FANDOM


ポンガシグサはピクミンシリーズに登場する架空の植物。

概要 編集

茎が短く、地面から直接咲いているかのような形状の花。花の中にピクミンを投げ入れると、花に対応したピクミンのタネを吹き出す。一定数のピクミンを入れると枯れて消滅する。ピクミンの種類だけ存在する。ピクミンやオニヨンと同じく生物界の常識からはかけ離れており、ピクミンと密接な関係があることからピクミンの亜種とされる。

ベニポンガシグサルリポンガシグサキイロポンガシグサムラサキポンガシグサシロポンガシグサ灰色のポンガシグサ(名称不明)ピンク色のポンガシグサ(名称不明)
鮮やかな単色の花弁で、投げ入れたピクミンを花弁と同様の色に変えて吹き出す。増えるわけではない。『1』の上限は50匹、枯れても翌日には復活する。1度に10匹までピクミンを入れることができる。『2』の上限は5匹。地下洞窟にしか存在しないが、一旦出てから改めて入り直すと復活している(一部のものは条件によって復活しないため注意)。オニヨンのない紫、白の繁殖にはポンガシグサが必須となる。『3』の上限も5匹。大幅にビジュアルが変更され、『1』『2』とは大きく形が異なる。
ポポガシグサ
白い花弁に、赤→青→黄と順番に色を変える斑模様がついている。ピクミンを1匹しか入れられないが、入れた時の斑点と同じ色のピクミン9匹分の種を吹き出す。洞窟内での数少ない繁殖手段。

余談 編集

  • 名前はポン菓子からきていると思われる。
  • ルリ・ベニ・キイロの『1』における通称・和名はすべて「ポンガシグサ」であり、色名が付記されるのは『2』のみ。
  • 『3』の没データにポンガシグサ系統と類似した花が存在する。外見は『2』のシロポンガシグサに酷似しており、花弁の先には黒い棘がついている。ピクミンを投げ入れると即死する。