FANDOM


ファイル:Non pikmin.gif この記事はピクミンシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、ピクミンWikiではピクミン関連についてしか記述していません。また、編集の際はピクミンに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。


宮本茂 (みやもと しげる) は日本のゲームクリエイター。任天堂の代表取締役フェローでもある。

概要 編集

『スーパーマリオ』シリーズや『ゼルダの伝説』シリーズ、『ドンキーコング』シリーズ等の生みの親として知られ、ピクミンシリーズではプロデューサーを務める。

任天堂ソフトを監修する立場になって以降の宮本は、完成間近のゲームをより面白くするために強権を発動しほぼ白紙に戻す「ちゃぶだい返し」を行うことでも有名。これは開発現場から「ミヤホンチェック」として恐れられている。

宮本が制作する作品では (ゲーム性に関わらない場合は) 主人公が喋らないことが多く、全体的な物語を作ることよりも主人公の周りに登場する人々の関係や存在感を描くことに興味があると語っている。

元任天堂社長の岩田曰く"一度作ってしまうともう直せないことが許せない"ことから、ゲーム内ムービーはプリレンダリングムービーではなくリアルタイムムービー[1]の形式をとることがある。『ピクミン3』ではボス戦の導入部分に用いられ、ムービーと戦闘開始の境目がなく臨場感をもったプレイができる。

その一方、近年ではゲーム外の映像作品制作に力を入れており、ピクミンシリーズでも『ピクミン ショートムービー』が制作された。今後公開の作品では、『スーパーマリオ』シリーズのアニメ映画がイルミネーション・エンターテインメントの元で制作されている。

作品 編集

ピクミンに関するもののみ記載

脚注編集

  1. プリレンダリングムービーが事前につくった映像である一方、ゲーム内グラフィックを元にリアルタイムで映像をレンダリングした"非操作時間"の事を指す。例えばキャラクターの衣装着せ替えなどの要素があるゲームでは、その時着ている衣装がムービーにも反映される。

外部リンク編集